忍者ブログ
縁あって我が家に来た野良ショ・オサムは「行丸-ゆきまる-」と名前が変わり新しい家族となった。ここはそんな行丸のわりと暇な日常を書き綴った日記。2012年4月に虹の橋を渡ったゆきまる。そして今は飼い猫修行中の「ジュリー(仮名)」をお預かり中。そして2016年4月、ジュリー社長はめでたく関西支社へ栄転の運びと相成り候。
≡ Admin ≡ Write ≡
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おっちゃんがどうもイライラしている。
夜もみんなが寝静まってもおっちゃんだけ寝ないでいつまでも目を開けている。
ふと目を開けるとおっちゃんがこっちをじっと見ている。

夜鳴きする訳ではないけど、落ち着かなげに歩き回ったり、カリカリを食べたり。
まぁ猫って夜行性というのを忘れていた訳ではないが、先代も夜寝るタイプだったので行き違いはしかたない。
だっておっちゃんはまだウチに来て半月くらいしか経ってないんだもんね。

で、夜中に歩き回るのは「警備員」の職務にいそしんでいるんだということにして下僕達は安心して寝る訳だがw

でも、おっちゃんにしてみたらどうなんだろう。

ちょっと前までお外に作ってもらったキューブハウスでかろうじて寒さをしのぎ、親切な人間達にご飯をもらって何とか空腹を満たし、熾烈な猫同士のエサ場の覇権争いに心休まる事もなく。
おっちゃんが急な物音に過剰反応するのもこういった生活が背景にあって、これは人間のPTSDに該当する症状ではないかと思う。

ゆうべもおっちゃんは網戸越しに寒い夜の町を眺めていた。
10分ほど凍えるような外気にあたって、ようやくおっちゃんは納得したように暖かい寝床に戻ってきた。

人間と目が合うと、急に立ち上がってエサ場に誘う。朝から2回食事してるのに忘れたかのようだ。
エサが充分ではなかった頃の「習慣」みたいなもので、充分すぎる量を食べている今でもおねだりをせずにはいられないのかもしれないね。

そんな訳でおっちゃん、うちに来て少しお腹がプックリしてきたよ(笑)。

もうこれからは人間が食事を管理してあげなければいけないんだと、昨夜はつくづく覚悟した。
健康管理も下僕のつとめ。
でも前にも書いたけどおっちゃんはご飯の量が減るとめちゃくちゃ機嫌が悪くなる。

それをなだめるために週に2〜3回「マタタビ」の日を制定致しました。
本日は大盤振る舞いでお皿にパラパラ、前足にパラパラ、テーブルにパラパラ。まさに「パラパラ大会」です。
IMG_9489.jpgどめは大好きなヌイグルミに擦り込んでごらんの通り。

ご機嫌良く毛布にくるまって寝ているおっちゃんの生活はこれからもあまり変わらないかもしれないけど、ままよと許すお兄ちゃんの背中がまた少し大人になった気がする。






PR
comment form
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ちょっと泣けてきました(会社です)

どこでどんな風に生まれて、どこでどうして捨てられてしまったのか、
横浜の会社にたどり着くまで、どんな暮らしをしていたのか、
会社がお休みのとき、どんな気持ちで一日を過ごしていたのか、
会社から八王子のお宅までの道のり、どんなことを考えていたのか、
何もかも想像でしかありませんが、今の幸せがあるからこそ、それを考えるとせつなくて涙が出ます

おっちゃんが喋れたら、いったい何を話すだろう
ミケにゃんさん、猫ママさん、ありがとう
新しいおかあちゃん、お兄ちゃん、ありがとう
きっと自分を捨てた人への恨み言なんて言わないよね・・
ぐーやま 2008/01/29(Tue)15:43:06 編集
優しい子
>ぐーやまさん
おっちゃんたちネコさんが喋れたら、どんな話をしてくれるんだろうと私もよく考えます。
でもきっとこんな風に人間に助けを求めてくる子達は、昔暖かい部屋で優しく撫でられていた事を思い出す事はあっても恨んだりはしてなかったんではないかな?と思いますよ。
身体の傷が癒えるのと同じように心の傷もきっといつか治ると信じてますし、私の家に来てすぐにゴロゴロスリスリになったおっちゃんは皆様の愛情が届いている確かな証拠だと思います。
もう少し月日が経ったら「そんな昔のこと、もう忘れちゃった」と寝ぼけ眼でおっちゃんは言ってくれるかも知れませんね。(^^)
そんな日が来るのを心待ちにしています。
sheka 2008/01/29(Tue)17:50:22 編集
無題
そうですね。
もう2週間が過ぎたのですね。
行丸君なりにこの2週間過ごした
新しいお家・家族への思い。
「ぼくはこのままここにいられるのだろうか?
また変なおばさんが来て
狭い場所に入れられて動くものに
乗せられて元いた会社に戻るのだろうか?」
夜になると不安もあることでしょう。

暖かいお家、美味しいご飯
優しいお母さん、頼りになるお兄ちゃん
失いたくない気持ちもあるのでしょうね。

行丸君、心配いらないよ。
そこが君のお家、そして家族だから
思い切り甘えても
誰も困らないし、幸せ運んだのは君だからね。




猫ママ 2008/01/29(Tue)18:07:28 編集
もう心配いらないよ
おさむ君から行丸君になって二週間が過ぎやっと落ち着いてきて「ふっ」といろんな事、思い出したんでしょうね…職場のおじさん達の事、意地悪をしてきたニャン達の…狭い籠に入れられ運ばれたこと、お家に帰れなくなった事…冷たい空気に触れながら思い出していたんだね。きっと…でも大丈夫だよ。今、君が選んだお家でしょ?おさむ君だった事、ネットという世界からお母さんを探していたんでしょ?沢山愛してくれるから。お兄ちゃん達、お母さん、皆が守ってくれるから。ゆっくり甘えていいから嫌な事より幸せが増えるから。
ミケにゃん 2008/01/29(Tue)20:05:50 編集
しあわせのかたち
>猫ママさん
おっちゃん、マタタビ攻撃と長いお昼寝で今夜は上機嫌でお兄ちゃんにオヤツをねだっています。
いままでとはまったく違う生活パターンにもかかわらず順応する逞しさとふと不安になるナイーブさが外猫だった子達の魅力だと感じています。おっちゃん位の年齢の猫さんは人間とはまた違った価値観で生きていることをその透明な目で語ってくれたりもして、むしろ人間のほうが不安な心を抱えて生活する歪みを癒してくれるかけがえのない存在になってくれるのを期待しているのかも知れません。
おっちゃんが本当の家族になるのはあと少し時が必要かも知れませんが、これから充分に時間はありますものね。
できるだけ食べ物に走らない方向でw共に生きて行きたいと思います(^^)。
sheka 2008/01/29(Tue)23:59:14 編集
思い出
>ミケにゃんさん
おっちゃんが外を眺めながら、きっとミケにゃんさんが言うように職場のおじさん達に可愛がられた事、暗くて寒かったひとりぼっちの寝床の事、いつ他のにゃんこ達が襲ってくるか分からなくて眠れなかった夜のこと。
10分間の間に「ああ、昔の事を思い出しているんだな」と何となく分かりましたよ。
にゃんこだって嬉しいことや楽しいことが分かるんだから悲しかった事、辛かった事も一緒くたになって安堵と不安とそんなものが絡み合ってしまうのかも。
でもおっちゃんはベビーフェイスだけどけっこう逞しい(^^)。
今夜はお刺身二切れ食べてご機嫌さんで毛布にくるまり、眠り始めました。
楽しい夢を見てくれるといいですね。
sheka 2008/01/30(Wed)00:14:58 編集
■カレンダー■
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■リンク集■
犬、猫の里親捜し掲示板とリンクしています。ぜひこちらのサイトもご覧下さい。(http://www.satoya-boshu.net/)
いつでも里親募集中
■東日本大震災■
東北・関東大震災によって被災した方の犬・猫の救援情報特設掲示板です。
■最新コメント■
[01/07 sheka]
[01/07 しまねこ]
[06/22 sheka]
[06/22 しまねこ]
[04/29 sheka]
■気分転換の占い■
■プロフィール■
HN:
sheka
性別:
女性
職業:
自営業
趣味:
モノ作り
自己紹介:
※当Blog内の画像および記事の著作権と責任は管理人【sheka】にあります。
無断使用、無断転載およびこれらの画像の商用利用は固くお断りします。
忍者ブログ [PR]
○sozai:Sya ra ran*○ Template:hanamaru.