忍者ブログ
縁あって我が家に来た野良ショ・オサムは「行丸-ゆきまる-」と名前が変わり新しい家族となった。ここはそんな行丸のわりと暇な日常を書き綴った日記。2012年4月に虹の橋を渡ったゆきまる。そして今は飼い猫修行中の「ジュリー(仮名)」をお預かり中。そして2016年4月、ジュリー社長はめでたく関西支社へ栄転の運びと相成り候。
≡ Admin ≡ Write ≡
[140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



長らく体調不良で病院通いしていたゆきまる警備員、やっと症状が「寛解」というお墨付きが出たので、ゆっくりマイペースで復帰中。

詳しいことが書けなかったのは、実は一時本当に厳しい状況で、いつ心臓が止まってもおかしくないと獣医さんに言われていたほどで、皆さんにご心配かけるのも申し訳ないし治療に専念してその結果を受け入れるしかないと考えていました。

具体的に書くと、「水泡を伴う肝障害」「異型リンパ球増悪による白血病」「腎障害」「悪性リンパ腫」「血圧低下」などなど。

これで生還できる可能性などあるのだろうか?
私もお兄ちゃんも覚悟しました。

実際、最初に獣医さんへ連れて行った日の夜にゆきまるは吐きながら意識を失って二度倒れ、もうこれで駄目かと。

夜間診療を探し、「夜間往診専門」の獣医さんを発見!
応急処置をして戴いて次の日にすぐまた受診。

血液検査と超音波エコー検査、輸液、皮下注射(プレドニゾロン、バイトリル、タチオン)を毎日繰り返しようやく自分でごはんを食べ始めた時は本当に泣けてきました。

それからは驚異的と言えるほどの回復を見せ、当初31,700あった白血球が7,800と全くの正常値に戻り、若干、肝臓と腎臓の数値が高いもののほぼ平常の数値に近づき始めたという点。
そして、超音波エコーで見えていた腫瘍の影が今はほとんど見えないという点で「寛解」という状態になりました。

とはいえまだ油断はできないのでこれをどのようにコントロールしてゆくかが今後の治療の課題となります。

ゆきまるも推定15歳。

でも、本当はもっと若いのかも知れない。
プレドニゾロン単体でこれだけ薬が効く子も珍しいと獣医さんが言っていました。
でも、その薬がいつまで効くか分からない。
それはその時の事。
生き物に必ず訪れるその時まで、出来るだけ苦しまないように病気と付き合っていけるような生活にできますよう、お兄ちゃんも覚悟ができた様です。

でも、まだまだ一緒に居たいね。ゆきちゃん。

動画は今日、注射が終わっておうちに帰り、春物入れ替え中のお部屋を探索中のゆきまる警備員です。(笑)
散らかっているのはご容赦。

PR
comment form
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
復活おめでとう。
ゆきちゃんお帰りなさい。
待ってたよ。本当に。。。

昨日もブログのぞきにきたけど
更新されていなくて
本当に心配したんだよ。

でもおばちゃんは信じていた。
ゆきちゃんがただものじゃないこと知ってるからね。

おかあちゃんとお兄ちゃんに
いっぱい心配かけちゃったね。
しばらくはご奉公しっかりね。

ゆきちゃんは本当に運の強い子。
今回も良い獣医さんに出会ったようですね。

寛解本当に良かった。
ばんざ~い!


猫ママ 2012/03/21(Wed)14:28:12 編集
>猫ママさん
ありがとうございます!
一時は本当に絶望のどん底で、お兄ちゃんも体重が一週間で3kg減りました。

ゆきまるも一時7kg超あった体重が、今は6,1kg。
もともと太りすぎでしたがここまで激減するとかなり心配です。
でも、食欲が戻って来ましたので気分の良さと身の軽さで高いところにジャンプする元気はある分、ゆきまるの生命力に期待してもいいような気がしています。

ご心配おかけして申し訳ありません。
まだまだゆきまるには自宅警備を頑張ってもらわないとね。
sheka 2012/03/21(Wed)14:54:15 編集
無題
おかあちゃんもいお兄ちゃんも、おつかれさまでした
本当に大変だったんですね・・
ゆきちゃん、おかあちゃんやお兄ちゃんにこれ以上心配かけないで、まだまだ長生きしてもらわにゃー!
いい人に助けられて、こんないいおうちに来られたことは、ゆきちゃん自身の徳ですよ
これからゆっくり生きていきましょうね
ぐーやま 2012/03/24(Sat)20:26:39 編集
>ぐーやまさん
お返事遅くなりごめんなさい。

今日も獣医さんに行ってきました。
血液検査と超音波エコーと飲み薬の処方。
そして最終的に病名がほぼ確定。
「肝臓リンパ腫」です。

一時、腫瘍の影は消えたと喜んだんですが、それもぬか喜びだった様です。

血液検査の結果は良い方向に向かっていてほぼ正常値。
でも、これもお薬が効いている結果で「寛解」をどのようにコントロールするか。
そのような説明もほとんど頭が真っ白で思考能力止まってます。

でも、ゆきまるはごく普通にごはん食べてカリカリ食べてお薬飲んで水飲んで、ジャンプしてジャレて・・・(涙)

信じられないけど現実を受け入れるしかないんでしょうね。
何とか気力を保ち病気と付き合っていこうと思っています。
ぐーやまさん、コメントありがとう。
sheka 2012/03/25(Sun)12:22:41 編集
無題
そうでしたか・・
ご家族のお辛いお気持ち、察するに余りあります
お薬が効いているとのことで、本当に何よりです
リンパ腫には薬が非常に有効なのだそうですね
ゆきちゃんに合うお薬で、美味しくごはんを食べられてジャレて遊んでいることが嬉しいです
こんなに手をかけてもらえるおうちにいることが、ゆきちゃんにとって最大の幸せです
共働き夫婦の我が家ではとてもできないことです
何かできることがあれば、大したことはできないかもしれませんが、、何でもご相談ください
おかあちゃんのこと、いつも応援しています
ぐーやま 2012/03/25(Sun)15:41:58 編集
>ぐーやまさん
ありがとうございます。
一時は元気になるものとばかり・・・それだけに余命宣告された暗い気持ちを引きずったまま、ゆきまるを抱っこしているのが辛くてたまりません。
お兄ちゃんにはどのように伝えたものか考えても考えても思考停止しています。
すみません。弱音ですね。
自分がしっかりしなきゃ何も始まりませんね。

ご親切にありがとう、ぐーやまさん。
しっかり病気と向き合っていきます。
sheka 2012/03/25(Sun)16:18:53 編集
■カレンダー■
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■リンク集■
犬、猫の里親捜し掲示板とリンクしています。ぜひこちらのサイトもご覧下さい。(http://www.satoya-boshu.net/)
いつでも里親募集中
■東日本大震災■
東北・関東大震災によって被災した方の犬・猫の救援情報特設掲示板です。
■最新コメント■
[01/07 sheka]
[01/07 しまねこ]
[06/22 sheka]
[06/22 しまねこ]
[04/29 sheka]
■気分転換の占い■
■プロフィール■
HN:
sheka
性別:
女性
職業:
自営業
趣味:
モノ作り
自己紹介:
※当Blog内の画像および記事の著作権と責任は管理人【sheka】にあります。
無断使用、無断転載およびこれらの画像の商用利用は固くお断りします。
忍者ブログ [PR]
○sozai:Sya ra ran*○ Template:hanamaru.