忍者ブログ
縁あって我が家に来た野良ショ・オサムは「行丸-ゆきまる-」と名前が変わり新しい家族となった。ここはそんな行丸のわりと暇な日常を書き綴った日記。2012年4月に虹の橋を渡ったゆきまる。そして今は飼い猫修行中の「ジュリー(仮名)」をお預かり中。そして2016年4月、ジュリー社長はめでたく関西支社へ栄転の運びと相成り候。
≡ Admin ≡ Write ≡
[147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



虹の橋のむこうに行ってしまった行丸から「母の日」のお花とメッセージが届いた。

種をあかせば、野良っ子だった行丸をお世話してくださっていたボランティアの猫ママさんが、行丸から受け取った言伝にお花を添えて送って下さった。
そして、ゆきまるへの手向けのお花も。

驚くと同時に、ゆきまるを亡くして落ち込んでいる私をどうにか慰めようと一生懸命に考えてくださっている事に深い感謝をすると同時に、ボランティアさん経由での里子って、いろいろな意味でいいものだな、と感慨深い。

ゆきまるが我が家に運んできてくれたのは、笑顔と慰めとちょっとの心配。
そしてそのぽよぽよのおなかに、我が家の不運と災いの一切を詰め込んで、持って逝ってしまった。

猫や犬は確かに手がかかる。
病気もする。旅行になんか気軽に行けない。
長時間の留守番など、こちらが心配になってくる。

それでも、彼らが与えてくれた幸せな時間は何者にも代え難いものだったと、失ってみてわかる。

気がつけばよそのお宅の猫動画を見て顔がほころび、いつのまにか「里親募集」の掲示板を眺めている自分。

ゆきまると同じ子はいない。

わかっている。

それでも、歳をとりすぎて行き場のない子、病気のある子を抱えている厳しい状況のボランティアさんへの一助になる可能性を無意識に探しているのかもしれない。
もう、飼うことは出来ないが。

ゆきまるが残していってくれた大切なもののひとつが、ぐーやまさん、猫ママさん、Yさんとの繋がり。
大切にするよ。ゆきまる。

ありがとう。
PR
comment form
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<< もうすぐ四十九日 HOME お花 >>>
■カレンダー■
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■リンク集■
犬、猫の里親捜し掲示板とリンクしています。ぜひこちらのサイトもご覧下さい。(http://www.satoya-boshu.net/)
いつでも里親募集中
■東日本大震災■
東北・関東大震災によって被災した方の犬・猫の救援情報特設掲示板です。
■最新コメント■
[01/07 sheka]
[01/07 しまねこ]
[06/22 sheka]
[06/22 しまねこ]
[04/29 sheka]
■気分転換の占い■
■プロフィール■
HN:
sheka
性別:
女性
職業:
自営業
趣味:
モノ作り
自己紹介:
※当Blog内の画像および記事の著作権と責任は管理人【sheka】にあります。
無断使用、無断転載およびこれらの画像の商用利用は固くお断りします。
忍者ブログ [PR]
○sozai:Sya ra ran*○ Template:hanamaru.